ニュース

ニコンとキヤノン 半導体不足のいま新たな技術でシェア拡大目指す

半導体不足でニコン、キヤノンはシェア拡大なるか キヤノン、NILでコスト抑制  一方、キヤノンの目玉は、キオクシアホールディングス(旧東芝メ …

ニコンとキヤノン 半導体不足のいま新たな技術でシェア拡大目指す 続きを読む….

デジカメ普及率低迷 77.0%→56.6%に減少 カメラ市場縮小鮮明

記事によれば、デジカメの普及率は2013年の世帯普及率77.0%を最高に、少しずつ低迷し2022年には世帯普及率56.6%まで低下しているとしています。その間、同様に世帯あたりのカメラ保有台数も少しずつ現象していて、複数台のデジカメを所有している世帯も現象している様子がわかります。

Scroll to Top