キヤノン

キヤノン APS-C EOS R7用 RF-Sレンズ2本を同時発表か??どんなレンズになる??

今回の噂は、そのEOS R7とともに2本のRF-Sレンズ(APS-Cセンサー用のRFマウントレンズ)が発売されるかもしれないという噂があるようです。まあ、EOS R7というAPS-Cセンサーのカメラが投入されるとしたら、キットレンズ程度は作るでしょうから、たぶんキットレンズになる可能性が高いのではないかと思います。

キヤノン EOS R7はAPS-Cで8月発表と噂 EOS Kiss Mはどうなってしまうのか

キヤノンがAPS-Cセンサー搭載のEOS R7を8月に発表するのではないかという噂があるようです。アイキャッチ画像はEOS 7D Mark IIです。念のため記述しておきますが、上記の噂については、まだ確認がとれていないので一つの情報として受け取ってください。

キヤノン RF 10-18mm f/4、11-24mm f/4の特許

キヤノンが新しいレンズの特許を出願していることが明らかになりました。同じような仕様の特許が2つ提出されており、今回はまとめて紹介しています。特許では複数の仕様のレンズに関する記載があるのですが、それぞれをみると概ね、10-18mm f/4や、10-23mm f/4というレンズの特許になるのだと思われます。

EOS_R5

キヤノンが22年末にEOS R7を発売と噂 RFマウントAPS-Cカメラ??

月のいずれかということになりますね。そして、もし正常な世界であれば、すでに発売されていただろうとしています。この正常な世界というのは、新型コロナのパンデミックがなかったり、物流の混乱、半導体不足が顕在化していなかったらという意味だと思われます。

Scroll to Top